私は昨年退職しました。私にはやりたいことの目的があったので、退職後講座に通ったりイベントに参加したりして力をつけてきました。基本となるやりたいことをしながら、他に身につけておきたいスキルを学んだりしました。自分がやってみたいと思ったことは一通りできたと思います。たまたま環境が揃っていたので運が良いとも言えますが。

退職してからなにも活動してないと面接などでアピールできませんし、長期間仕事に就いていないですからマイナス評価になりかねませんね。

私は1年間継続して学びを続けてきてそれぞれに結果を出してきましたし、「なんでそれをやったのか」を明確に表せると思います。

履歴書や職務経歴書の練習帳がありますね。なにかしらアピールできることを続けながら1ヶ月に1回程度振り返り、肉付けをしていくと、転職活動をするときもスムーズに進めると思います。

転職するということはなんらかの理由があって前職を辞めたわけですね。私の場合は人間関係が上手くいかなかったことと、職場環境に限界を感じたこと、そこに自分の目標が重なったタイミングでした。再就職をするにあたりトラウマもありますので、周囲の方にたくさん相談してきました。その結果、人間関係に悩んでいたわけではないことがわかりました。また、やりたくないことがあることもわかりました。この1年を過ごしてみて、自分の持っているスキル、「やりたいこと」「できること」「企業のニーズ」のマッチング作業、自分の中で引っかかっていることの棚卸しをしっかりやることだと思います。